生理・性交・性感染症

子宮頸(けい)がん検診に行ってきました!!

子宮頸がん検診の流れ

今回は、実際に私が行ってきた【子宮頸がん検診】の流れをお伝えします。

20歳から2年に1度、自己負担金1000円で受ける事ができます!
(八王子市の場合です。無料の自治体もあるかな?)

子宮頸がん検診の流れ

では、実際どうだったか、詳しく書いていきます!

検診の予約をする

検診のハガキ等に一覧があるので、そこから選んで予約の電話📞をします。

当日、病院へ

パンツもズボン等も脱ぐので、ストッキングやタイツ履いていくとちょっと面倒かもしれません💦

必要事項記入

名前や住所等を自分で書きます✎

問診

個室に呼ばれて、問診があります。
具体的には、
●過去の妊娠の有無
●HPVワクチンを打ったことがあるか
●前回の生理
●生理不順はあるか
●不正出血の有無
●前回の検診はいつか
●飲んでる薬💊の有無
●血縁者で婦人科系癌になった人の有無
など聞かれました!

いざ、、検査!!

検診準備

ズボンとパンツを脱いで、あのイスに座ります。

座ると、看護師さんがタオルをかけてくれました。

イスがウィーンって動いて、足が開く感じになります。

タオルとカーテンがあるので、カーテンの向こうは全く見えません。

子宮頸部の細胞診

はじめに、細長くて先にブラシが付いた専用器具で奥の方を擦られます。

看護師さん「力が入ると痛いので、全身の力を抜いてくださ〜い」

私「はい!すみません!(難しい〜( ;∀;))」

ってな感じで…笑

まぁでも、そこまで痛くないです。

人によっては、上手く力が抜けて、全く痛みがない人もいるそうです。

医者の触診

次に、お医者さんの触診があります。

卵巣や子宮の状態を下腹を触って確認してくれます。その間も器具が体に入っています。

触診の結果はその場で教えてもらえます。私は、特に異常なしでした〜!

検診後の説明タイム

パンフレットと共に今後の説明をしてくれます。

何も異常が無ければ、2週間後程度で検診結果が自宅に届きます。

もし精密検査が必要だったら、検診を受けた病院(クリニック)から連絡📞があります。精密検査先は、検診を受けたところじゃなくても構いません。精密検査は保険適用だそうです。

以上が、検診内容でした〜!!

ブラシで擦っているので、2.3日は、少量の出血があるかも、とのことでした。私は、その日は下腹部に違和感が残りましたが、次の日は痛みもなく、元気でした。

まとめ

●検診に行くときは、脱ぎやすい服装で!

●20歳過ぎたら2年に1度は子宮頸がん検診を受けよう!

もしもこの記事を読んで、子宮頸がんの検診、嫌になっちゃったらすみません(´;ω;`)💦

何やるか不安で受けるよりは、ある程度わかっていて、心構えしてから受けられた方が気持ち的に楽なのかな、と思ってまとめてみました!この記事がお役に立てれば、何よりです。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。